あなたが、トラック運送業(緑ナンバー)で独立したいなと思ったなら

開業資金(最低でも700万円)、車庫・営業所、トラック5台、ドライバー5人、運行管理者、整備管理者等の準備をしましょう!

あなたが、トラック運送業(緑ナンバー)で独立したいなと思ったなら

次のようなことを準備しているかどうかをチェックしましょう!

1.自己資金はいくら用意できるかな・・・

事業開始に要する資金の合計額以上(使用するトラックの購買金額を厳しく圧
縮した場合でも700万円は必要と思われます。)の自己資金を用意できない
とトラック運送業(いわゆる青ナンバー)許可申請はできません。
しかもこの金額は、申請が受け付けられてから許可が出るまでの間は下回って
はいけません。

2.営業所と車庫の候補地は決まっていますか?

営業所と車庫の候補地は最も重要な要素です。
決まっていなくても候補地選定の基準が不明でしたらご相談ください。

3.ドライバーは5人確保できるか?

確保人員が1人または2人しかいない場合でも、許可後に雇用すればOKです。

4.トラックを何台所有しているか?

現在は所有していなくても良いのですが、許可後に買うことになります。
開業資金の圧縮のためにも、知り合いのディーラーや中古車屋さんにあたりを
付けましょう。
申請時には、売買予約書か車検証のコピーを添付します。

5.運行管理者・整備管理者は確保できているか?

いない場合は、年2回有る試験を受けて受かるか、有資格者を雇用する予定に
なります。
整備管理者は、整備士の資格者か実務経験の有る方を採用する計画になります

ちなみに、整備管理者はドライバーからの報告に基づき整備工場に発注する役
目の人です。したがって整備を自らする立場ではありません。

6.個人か法人どちらで申請するか?

今どきですから、法人でのスタートが良いかとは思われます。
と言いますのは、個人で許可を取った後、会社にしたいときには譲渡譲受の手
続きが必要となるからです。
私共で会社設立をさせて頂きます。

行政書士法人アッパーリンクは独立の力強い助けになります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください